本文へスキップ

PCアベニューは、高い専門技術と知識でパソコン修理をはじめ、メンテナンスから設定までワンストップで対応します。

お問い合わせは・・・

デジタル遺品整理

HOME > デジタル遺品整理

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは故人が生前に利用していたパソコンやスマートフォンなどデジタル機器の中に残したデータのことです。
具体的には、写真、動画・ブログ、SNS、ネットバンク、通販サイトのアカウントなどがあります。また、中にはご遺族に見られたくないデータも存在しますし、各種ID・パスワードの放置は個人情報の流出やアカウントの乗っ取りトラブルなどの危険性がございます。
それらをそのままにしておくと、個人情報の流出やアカウントの乗っ取りでのトラブル、FXなどそのままにしておくとによる損失等が拡大することが考えられます。

故人のご家族向けのサービス

WindowsPCパスワード解除 故人が使っていたパソコンのパスワードがわからなくて開けない。
ユーザーアカウントの変更 孫にパソコンを譲るため、パソコンの名前だけ変更してほしい。
データ開示サービス もう動かないが、故人が使っていたパソコンの中に何が入っているのか知りたい。
データ取出サービス 写真とかビデオのデータを取り出せるのかな?
データ仕分けサービス 故人が使っていたパソコン周りを片付けたいが何をどうしていいのか分からない。
故人契約精査 毎月、携帯料金に加えて身に覚えのない引き落としがある。
データ整理・整頓サービス 故人が使っていたパソコンなので、必要なものと要らないものの整理を手伝ってほしい。
初期化サービス 故人のパソコンを売るために、データを消してほしい。
データ消去サービス 住所など個人情報が漏れないように処分してほしい。
初期化サービス スマートフォンを譲ることになったので、データを消したい。
データ消去サービス 故人が使っていたスマートフォンのデータや個人情報が漏れないように破棄してほしい。


生前データ整理、管理代行サービス

人間いつなにが自分の身に起るかは誰にもわかりません。ある日突然、わが身に不測の事態が起きて帰れぬ身となってしまった際にそれまでプライベートで活用していた「PCやスマートフォンの中身は決して誰にも見られたくない」・・・そんな思いを解決致します。
更に遺言書まで作成しておきたい方には、弊社と業務提携している弁護士事務所、司法書士の方をご紹介します。

データ整理・整頓サービス 家族が困らないよう元気なうちにパソコン内の整理をしたい。一緒に手伝ってほしい。
データ仕分けサービス 終活のために、家族へ残したいデータと残さないデータの仕分けをしたい。
仕分けデータ管理(保守) 家族へ残したいをデータで管理して欲しい。死後はネット口座の課金サービスの解除などをして欲しい。
ご逝去後、データ破棄サービス ご逝去後、事前にご本人様と契約させて頂いた内容通りに、パソコンやスマートフォン内のデータを破棄させて頂きます。


デジタル遺品整理の流れ


お客様のお悩みをお聞かせください。



現地にて無料でお見積りをさせて頂きます。お見積り後にまずは、アナログ遺品からどのようなデータが有りそうかを判断し、デジタル遺品の内容を確かめていきます。
戸籍謄本、死亡診断書、本人の運転免許証か保険証が必要ですので事前にご用意ください。本人確認書類をご提示いただけない場合は、本人確認書類が不要のサービスのみご提供いたします。


全てのデータをご遺族の方に確認してもらうわけではありません。不要なデータ、故人が残した誰にも見られたくないデータなどもありますので、ご遺族の方と相談して打ち合わせを致します。


ご遺族の方と打ち合わせをした内容で作業を進めさせていただきます。まずはアナログ遺品整理をさせて頂き、おおよそのデータの内容を確かめます。パスワード解析、PC破損、充電切れの場合はお時間を頂く場合があります。


全てのデジタル遺品整理が終了しましたら、確認後、料金のご精算となります。
お振込の場合のみ、作業終了までにご入金ください。
デジタル遺品の作業が後日の場合は、デジタル遺品整理の料金のみ、後日確認後の清算となります。


料金について





バナースペース

有限会社シスク

〒994-0049
山形県天童市南町2-13-25

TEL.023-666-6447
FAX.020-4661-1481